カーテンタッセルの紐が切れました [1]

日常シリーズ

前回カーテンタッセルの紐が切れたということを書いた。
.

日常でふと悲しくなる瞬間
カーテンをまとめるやつのヒモが切れたとき。 . ・・・ ・・・ ・・・ . とうとう切れてしまった・・・ . カーテン自体は、以前にニトリで寸法を合わせて作ってもらったオーダーメイドで遮光性のものだ。デザインがシンプルで気に入っているのでまだ使いたい。 . ■ . ミシンも持っていないし、家庭科は「2」だったので自力では直せない。大体これはなんて...

.
カーテンタッセルとはカーテンをくるっと巻いて束ねてフックに引っ掛けるアレのことだ。偉そうに書いているが自分もこの件で初めて知った。
.

まず「新品に交換できるか?できるならいくらか?」を知りたい。
.

早速購入したニトリに電話してみることにした。店舗を検索してみるがフリーダイヤルしか出てこない。どうも購入した店舗に直接電話で問い合わせる事はできないようだ。おそらくコールセンター一括にして、店舗の負荷を減らして仕事の効率を上げるためだろう。
.

.

.

コールセンターに電話してみる・・・
.

・・・

・・・

・・・
.

何度やっても繋がらない。
.

これは「コールセンターあるある」だと思う、10分ほど粘っても繋がらない。携帯からは無慈悲な「10ビョウ ゴトニ 20エン カカリマス」の音声が虚しく響くだけだ(笑)
.

これまた調べて見るとニトリの問い合わせは「ニトリ電話予約サービス」というものがあって、あたかもレストランや居酒屋を予約するように「問い合わせのために折り返し電話をかけてもらう権利」を予約をするシステムになっているのだ。
.

ニトリ電話予約サービス
ニトリ電話予約サービスです。

.
だから余計にフリーの問い合わせは繋がりにくいのかもしれない。もしこちらのほうが早いと予約システムの意味が無くなるからね。
.

恐る恐る予約ページを見てみると数日先まで予約でいっぱいだ・・・
.

・・・

・・・

・・・
.

もういいわ(笑)
.


.

結果「新品に交換できるか?できるならいくらか?」は分かりませんでした。問い合わせまでが遠すぎた・・・

.
つづく

.

.

.
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 一人暮らしへ

日常シリーズ
スポンサーリンク
独身、一人暮らしの日記

コメント

タイトルとURLをコピーしました